【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

公務員を辞めたい人に向けた記事

公務員の不祥事を裏付ける原因【公務員になり失望した実態】

私の職場では公務員の個人情報を流出させる人間がいます。自分の個人情報がどこで流出かわからずに信用できません。住民の個人情報が流出するといった公務員の不祥事が起きることがありますが、その原因は内部の個人情報も守れないずさんな管理が原因であると確信しています。

やりたくない福祉職を続けた公務員の末路【人事異動を期待するな】

やりたくもない公務員の福祉職を続けることによって、私は人生のやる気を奪われました。生活保護の担当として関わりたくもない人間の相手をさせられ、いつまでも人事異動を期待することができません。公務員の福祉職に不適正な私が脱出するためには転職する以外ほかに道がないのです。

公務員の中でも市役所をオススメできない理由【年収や試験よりも重要】

世間の不安からか、私が勤める市役所の中では住民トラブルが相次いでいます。警察沙汰が日常となり、感覚がおかしくなっています。公務員の中でも市役所は住民と身近な存在で、世間から相手されない人たちが集まりやすい場所です。事件に巻き込まれる可能性も高くなります。

楽するために公務員になったのだから有給休暇の日数は消化しよう

せっかく公務員になったのに有給休暇の日数をまったく消化しない同僚がたくさんいます。職場や同僚の目を気にして、有給休暇を取得することためらっています。しかし、私たちが公務員になった本来の目的は余暇のない仕事だけの人生だったのでしょうか。

公務員のうつ病をバカにする同僚や組織【低レベルなやつらを見返す】

公務員のうつ病が増えているにも関わらず、世間の理解は得られていないようです。私自身がうつ病になったときも上司に、心が弱い、と罵られました。しかし、公務員でうつ病になったからといって自分を責める必要はありません。私たちをバカにする人間は放っておきましょう。

公務員を辞めたいと思って始めた転職の準備が私にもたらした変化

公務員を辞めたいと思って転職の準備を始めてから約1年半が経過し、いまだに成果は出ていません。しかし、転職の準備を始めたことで私自身の変化を感じています。これまでの人生では味わうことのできなかった、生きやすい人生を手に入れることができています。

【地方公務員の人間関係】パワハラがなくても辞めたいと感じる

パワハラ職場から解放されても、公務員である以上は、人間関係のトラブルから逃れることができません。私の現在の職場ではパワハラはないものの、平然と人に迷惑をかけてくる同僚がいます。現在の市役所で働き続けることで、自分も同様の人種になってしまうのではないか、という危機感があります。