【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

公務員を辞めたい人に向けた記事

ノースキルの公務員が取得すべき資格(スキル)

公務員を辞めたいけど、やりたいこともなくノースキルだという理由で、なんとなく公務員を続ける人は多いです。しかし、万が一の公務員の退職に備え、スキルや資格を取得するに越したことはありません。今回はそんなやりたいこともなくノースキルな公務員に向けた記事です。

【公務員の厚生天国】給料とボーナスだけで判断される公務員の存在

不況になると公務員の給料やボーナスに注目が集まります。危険な職場で働く公務員の仕事事情は度外視で、世間からは公務員に批判が殺到します。どれだけ頑張っても手当もなく、労いの言葉ももらえない。果たして公務員を続けることが幸せなのかを考えさせられます。

公務員を辞めたい30代の近況報告【転職準備を始めてから約2年】

公務員を辞めたい30代がネットビジネス起業への転職準備を始めてから2年が経過しました。2年の間にはたくさんの失敗をしました。同時に手に入れたものもいくつかあります。私の体験談が公務員からネットビジネスへの転職を考える人の参考になればいいな、と思います。

公務員のパワハラやクレームから身を守る【うつ病にならないための習慣】

公務員になってからパワハラやクレームに怯えうつ病になった経験があります。あらゆるメンタルトレーニングを試し、メンタルの強化を図りましたが、どれも失敗に終わりました。臆病で人の評価を気にする弱い私を救ってくれたのは、ある習慣でした。

【レベルの低い職場実態】公務員職場で繰り広げられる不祥事と不法行為

公務員になってみて、低レベルな同僚と組織にがっかりしました。同僚の不祥事や不法行為をもみ消し、都合よく操作する組織には不信感を抱いています。だらしない公務員が多数所属している事実が、私の転職を考えるきっかけとなりました。

【現役公務員が感じるデメリット】勤続13年経って後悔していること

勤続13年の現役公務員である私が感じる、公務員の仕事に関するデメリットを紹介します。公務員は法律で身分保障された仕事の反面、課せられる制約もあります。デメリットである制約も把握したうえで、公務員試験受験を検討していただけたらと思います。

公務員のうつ病の原因を取り除く【病気休暇や休職から復帰する際の工夫】

公務員の仕事によりうつ病になる人は少なくありません。うつ病を甘く見て、病状が悪化する前に、うつ病の原因を取り除くために動きましょう。病気休暇や休職からの復帰をする場合は、診断書に工夫を加える方がよいです。