【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

「公務員 福祉職 仕事内容」の記事一覧

公務員の福祉職を続けて学んだこと【転職に挑戦するための能力】

公務員の福祉職として生活保護の担当になったことで、受給者の生活から学んだことがあります。いつまでも保護を受給し続ける姿、当時の自分を写しているようです。公務員からの転職を願い続けていたのに、一向に行動できなかった自分も同様の考え方をし続けてきました。

公務員の福祉職を続けて学んだこと【転職を後押ししてくれる現実】

公務員の福祉職として生活保護の担当になってから数年、福祉の資格も精神も持ち合わさない私にとって学べることは何ひとつないと考えていました。しかし、ネットビジネスで転職の準備を行うようになってからは、受給者の人生を通して重要なことが学べているような気がします。

公務員を辞めたい気持ちは強まるばかり【理解不能な上司の命令】

公務員を辞めたい気持ちは強まるばかりです。理解不能な指示を出す上司、柔軟な対応力がない職場に対して恐怖感じています。私たちのことを機械のように扱う光景を、職員になるまでは想像できませんでした。公務員だからといっても、自分の身を守る術は必要なようです。

公務員試験の勉強に費やしたお金と時間は何だったのか【職場の実態】

私は自分の描く理想の公務員ライフを送るために大学3回生から予備校に通い、公務員を目指しました。しかし、公務員になった私を待っていたのは劣悪な福祉職の職場でした。多忙で、不衛生な職場環境の中、病気を発症した私は公務員になったことを後悔しています。

公務員が辛くて辞めたいと思う理由【福祉職「ケースワーカー」】

一般事務職員として公務員になった私は決められた事務処理をしていればよいと考えていました。しかし、私を待ち受けていたのは福祉職【ケースワーカー】という仕事でした。想定していなかった辛い業務内容により公務員を辞めたいと考えるようになりました。