【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

「公務員 病気休暇 診断書」の記事一覧

【不祥事の原因】病気休暇中の公務員が旅行に行くリスクと責任

病気休暇中に公務員が旅行に行き、処分を受けたケースがあります。療養以外の行動は、職場次第で処分の対象となります。病気休暇中の公務員の旅行であっても、実際は職場にバレなければ問題はありません。ただ、できることであれば、本当の自由を手に入れるための過ごし方をしましょう。

病気休暇を取得するタイミング【職場復帰のための有給を確保しよう】

公務員の病気休暇を取得するのは誰でも渋ります。しかし、公務員人生を危険にさらす休職や懲戒処分を避けるためにも、病気休暇を取得するタイミングは失敗しないようにしましょう。有給休暇を大切にし、病気休暇を適切に取得する判断が重要です。

病気休暇(休職)を使った転職の準備【公務員でよかったと思える瞬間】

病気休暇(休職)を取得しもクビにならない事実が公務員の強みです。病気休暇(休職)を意図的に使い、転職準備を行うことについて批判的な意見があります。しかし、私たちは批判を気にせず、自分の幸せを願いましょう。病気休暇(休職)を使って、転職のための最後の追い込みを行いましょう。

病気休暇と休職の繰り返し【公務員に復職するまでの長い闘い】

うつ病と睡眠障害により私は病気休暇と休職を繰り返したことがあります。公務員の日常的な仕事のストレスに耐えながら、ペースを取り戻そうと力んだ結果です。健康を取り戻した今となっては、たかが不眠と侮らずに病気休暇を取得し、休職した自分の判断は正しかったと思います。

人事異動への希望と終わり【1年で異動したいと夢見た日々】

人事異動の発表がありました。私は今年も異動できず、クビ切りの対象として落ちこぼれ職員をやっています。人事異動の時期になると毎年精神不安定になっていましたが、今ではどうでもよいと感じるようになりました。公務員を辞めたいと思って視野を広げたことが私の人生を変えたようです。

【鬱病の診断書】公務員がうつ病により病気休暇や休職する際の注意

公務員が鬱病により病気休暇や休職をする場合は、医師の診断書が必要になります。しかし、医師によっては診断書を全く書いてくれず、薬の処方ばかりする場合があります。うつ病の原因が取り除かれない限りは、薬をいくら処方しようが解決することがないということを私は身をもって実感しています。

公務員になって患った病気【仕事を辞めたいと思う(退職)理由】

これまでの人生で病気に無縁だった私でしたが、公務員になってから多くの病気に苦しめられるようになりました。うつ病や不眠症のような精神疾患だけでなく胃潰瘍といった身体的なものまで発症し、治療薬を服薬しながら出勤しています。