【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

「公務員 向いてない 辞めたい」の記事一覧

公務員を辞めたい中年の定額10万円給付金の使い道【転職のための投資】

国民全員の定額10万円給付が決定し、公務員の未来はさらに不安なものとなっています。定額給付金の有意義な使い道として、知識やスキルの習得に投資しましょう。具体的な方法としてはブログの開設です。転職やスキルアップの効率的な方法です。

職場はやる気を奪う檻【公務員を辞めるために気をつけたいこと】

公務員の職場にいると独立の意欲は損なわれます。辞めたいと思っていても、職場の多数派が、公務員をゴールだと考えているからです。仕事をこなしていればそれでよいという考え方、だらしない生活習慣、多数派の習慣が無意識に私たちを蝕みます。私たちにできることは周りに流されず、良質な習慣を継続することです。

こんな人は向いていない【地方公務員を目指すべきでない人の特徴】

地方公務員として働く中、職場の同僚たちが病気を患い次々と辞めていきます。公務員の仕事もこなせない人は恥ずかしいように思いますが、実際はただ公務員に向いていなかったという話です。地方公務員になって後悔しないよう、目指すべきでない人の特徴を紹介します。

10万円給付により生じる現場公務員のストレス【公務員であり続ける不満】

10万円給付により、地方公務員の業務量とストレスが増加しています。感染リスクに晒されながらも、対策も労いのない公務員であり続けることに不満を感じます。捨て駒のように扱われる公務員であることに希望はなく、辞めるしか方法はないのか、と感じています。

公務員を辞めたい気持ちは強まるばかり【理解不能な上司の命令】

公務員を辞めたい気持ちは強まるばかりです。理解不能な指示を出す上司、柔軟な対応力がない職場に対して恐怖感じています。私たちのことを機械のように扱う光景を、職員になるまでは想像できませんでした。公務員だからといっても、自分の身を守る術は必要なようです。

公務員のストレスに負けないための習慣と最高のストレス解消法

年度末は公務員にとって大きなストレスがかかる時期です。人事異動に会計の締め切り、レイアウト変更など、日常業務に加えて様々なストレスがあります。公務員を辞めるまでにストレスに潰れないため、私が実践してみて効果を実感しているルーティーンを紹介します。

【志望動機よりも重要】公務員を目指す人が辞めたいと思うリスクを減らす

私は公務員になれたらよいという気持ちで受験先を詳しく調べないまま現在の自治体に勤務することとなりました。志望動機では自治体の利点を積極的に上げていたものの、実際に勤務するようになり適しない環境に苦しみ辞めたいと考えるようになりました。

つまらない公務員を辞めたいと思う私の心の傷【向いてない理由】

公務員として働くことのできない自分を社会不適合者として責め続けてきました。職場の人間関係はうまく行かず、仕事も思うようにいかない日々で、私は公務員を辞めたいと思い続けてきました。しかし、私のアダルトチルドレンとしての生きづらさに原因があったのです。