【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

「公務員 つまらない 人生」の記事一覧

公務員を辞めたい中年の定額10万円給付金の使い道【転職のための投資】

国民全員の定額10万円給付が決定し、公務員の未来はさらに不安なものとなっています。定額給付金の有意義な使い道として、知識やスキルの習得に投資しましょう。具体的な方法としてはブログの開設です。転職やスキルアップの効率的な方法です。

職場はやる気を奪う檻【公務員を辞めるために気をつけたいこと】

公務員の職場にいると独立の意欲は損なわれます。辞めたいと思っていても、職場の多数派が、公務員をゴールだと考えているからです。仕事をこなしていればそれでよいという考え方、だらしない生活習慣、多数派の習慣が無意識に私たちを蝕みます。私たちにできることは周りに流されず、良質な習慣を継続することです。

10万円給付により生じる現場公務員のストレス【公務員であり続ける不満】

10万円給付により、地方公務員の業務量とストレスが増加しています。感染リスクに晒されながらも、対策も労いのない公務員であり続けることに不満を感じます。捨て駒のように扱われる公務員であることに希望はなく、辞めるしか方法はないのか、と感じています。

つまらない公務員を辞めたいと思う私の心の傷【向いてない理由】

公務員として働くことのできない自分を社会不適合者として責め続けてきました。職場の人間関係はうまく行かず、仕事も思うようにいかない日々で、私は公務員を辞めたいと思い続けてきました。しかし、私のアダルトチルドレンとしての生きづらさに原因があったのです。

公務員を辞めることで自由な時間と自由な人生を手に入れたい

私は自由な時間と自由な人生を手に入れ、理想の生活を送っていくために公務員を辞めたいと考えています。公務員を続けている限り真の自由を手にすることはできず、雇われでいる限り与えられた余暇を窮屈に過ごしていかないといけません。

【出世に不可欠?!】無意味で生産性なしの公務員の飲み会

全ての公務員がそうとは限りませんが、公務員になったらたくさんの飲み会に参加しなければなりません。そして、飲み会が付き合いではなく出世にかかるイベントとなる可能性もあります。つまらない日中の仕事を終えた後もつまらない飲み会に参加するつまらない人生を送っていく自信はありますか?