【勤続13年での決意】公務員を辞めるための物語【副業や転職の方法を紹介します】

働き続けて嫌気が差した公務員という仕事をやめるための副業や転職に必要な努力を紹介していきます。

公務員を目指している人に向けた記事

【レベルの低い職場実態】公務員職場で繰り広げられる不祥事と不法行為

公務員になってみて、低レベルな同僚と組織にがっかりしました。同僚の不祥事や不法行為をもみ消し、都合よく操作する組織には不信感を抱いています。だらしない公務員が多数所属している事実が、私の転職を考えるきっかけとなりました。

【現役公務員が感じるデメリット】勤続13年経って後悔していること

勤続13年の現役公務員である私が感じる、公務員の仕事に関するデメリットを紹介します。公務員は法律で身分保障された仕事の反面、課せられる制約もあります。デメリットである制約も把握したうえで、公務員試験受験を検討していただけたらと思います。

【公務員試験に有利?】公務員のインターンシップに行くべきの真の目的

公務員のインターンシップに参加する学生さんを見ていると、公務員のインターンシップの真の使い方が分かっていない方が多い印象を受けます。参加した方が、公務員のインターンシップの本来の目的を果たせるように、その使い方を紹介します。

公務員アルバイトを始める前に知っておきたいメリットとデメリット

公務員のアルバイトには、公務員試験の受験を予定している学生さんや、生活費を稼ぐための主婦の方が多いです。これから公務員のアルバイトを目指すかたに是非知っておいていただきたい、公務員職場のアルバイトの実態を紹介します。全ての自治体に共通する話とは限りませんが、参考にしてください。

【平均年収で決めてはいけない】割に合わない公務員の仕事内容

公務員の平均収入ランキングを見ていると、公務員が豊かな生活を送っているように見えます。しかし、実情はごくわずかな公務員しか平均収入を得ていません。そして、平均収入を得る引き換えに、多くの苦労を味わう必要があります。割に合わない仕事です。

【誰でもチャンス?!】面接のみの公務員試験に隠された落とし穴

面接のみ、筆記試験はあるけどSPIであるような公務員試験は、一見すると誰にでもチャンスがあるように思えます。専門科目などの筆記試験に多大な時間を費やさなくてもよいので魅力的な試験内容です。しかし、そんな公務員試験にも落とし穴があります。

やりたくない福祉職を続けた公務員の末路【人事異動を期待するな】

やりたくもない公務員の福祉職を続けることによって、私は人生のやる気を奪われました。生活保護の担当として関わりたくもない人間の相手をさせられ、いつまでも人事異動を期待することができません。公務員の福祉職に不適正な私が脱出するためには転職する以外ほかに道がないのです。

公務員の中でも市役所をオススメできない理由【年収や試験よりも重要】

世間の不安からか、私が勤める市役所の中では住民トラブルが相次いでいます。警察沙汰が日常となり、感覚がおかしくなっています。公務員の中でも市役所は住民と身近な存在で、世間から相手されない人たちが集まりやすい場所です。事件に巻き込まれる可能性も高くなります。

【公務員になるための資格】試験の加点や仕事に有利になる資格について

公務員を目指す場合に資格を取得しようか悩む人がいます。実際に公務員として資格を持っている人は資格の恩恵を受けていません。むしろ資格を持っていることによるデメリットが生まれます。本当に資格を取得すべきどうかについて、実際に働く公務員から話を聞くべきです。

【楽だけではダメ!】地方公務員のやりがいが与える人生への影響

公務員の仕事にやりがいが理由は2つです。やりがいのない公務員の仕事は私の人生に悪影響を及ぼしました。そして、私以外の同僚や上司についても、同様に残念な人生を歩んでいる人がたくさんいます。公務員を志望する人は、仕事のやりがいについても今いちど検討していただけたらと思います。