公務員を辞めることで自由な時間と自由な人生を手に入れたい

どうもアゲハです。

公務員に限らずサラリーマンをやっていると、平日は仕事をして土日か日だけが休みの人が多いと思います。

元々義務教育の時から平日は学校に行って、土日か日だけが休日の生活を送ってきたので、毎週の会社のスケジュールが同じようであれば特に違和感はないように感じることでしょう。

しかし、改めて休日に出かけたときに周りを注目してみると思うことはありませんか?

「道路が混みすぎている。」

「ショッピングセンターには人が多すぎる。」

これまでの人生で慣れきってしまっていて、休日に人が多いことが日常風景になっていますよね。

でも、混雑の理由を改めて考えると、それはみんなが雇われのサラリーマンをしていて同じようなスケジュールのもとに生活しているからということになります。

みんなが平日は仕事で忙しく、平日にできなかった大きな買い物や家族団らんの外出をするせいで休日はどこも混むのです。

そして混雑の中、普段は車を運転していないが慣れない運転で事故を起こしたり、人混みが嫌いな人がショッピングモールへ行ってストレスで怒り狂って他の人とトラブルを起こしたりするような事件が起きるのです。

私はそんな人と行動が重なってしまう現在の休日にとても不満を感じています。

なので、休日はほとんど外出せずにずっと家で過ごしています。

必要な買い物は人が最も少ない深夜に行うようにしています。

ただ、できることなら明るい時間に買い物したいですし、オフの時間はなるべく外出したいと考えています。

この記事では、私と同じように現在の休日に不満を感じている人と不満を共有できたらといいなと思っています。

現在の労働形態にストレスを感じながら変えようとしない人たち

私が公務員を辞めたいと思うのは、業務内容に生産性がなく、また、関わる人間が最悪だということが理由になります。

そして、業務量、業務内容の割に給料が低いというのもひとつの理由です。

しかし、私が公務員を辞めたいと考えている一番大きな理由はライフスタイルの点になります。

公務員に限らず、雇われのサラリーマンであれば、冒頭でも話したとおり休日が土日か日のみになる場合が多いです。

世間の人と同じ行動パターンを取らないといけなくなり、毎日混雑の中で生活していかなければなりません。

平日は出退勤を満員電車の中で過ごし、休日にリフレッシュのために外出しても結局はストレスを抱える人生を送らなければなりません。

現在のライフスタイルの中で、一度は「何でこんなに混んでるんだ?!」と腹を立てたことがあるはずです。

「混んでるせいで疲れたし、せっかくの休日が台無しだ!」とうんざりしている人もいることでしょう。

しかし、周りの人にそれを望んでもどうしようもありません。

なぜなら周りの人も同じことを考えているからです。

混雑の原因は同じような労働形態で同じような行動をするからなのですが、考えることもみな同じで結局自分のことしか考えていません。

自分だけがゆとりを持って行動したいと考えています。

私はこの考えが強いため、それを実現できないと早い段階で諦め、休日には外出しないようになりました。

結局、他の人の行動を変えることができないなら自分の行動パターンを変えるしかありません。

そして、混雑のない自由でゆとりのある休日を過ごすためには、自分の労働形態を変えるしかありません。

現状にストレスを感じているのであれば変わる努力をしよう

そもそも何でみんなイライラしているのに、同じような行動を取り続けるのかということですが、それは日本の教育に問題があると感じています。

日本の教育は他の人と異なったことをすると叱られたりするようなもので、個性なんかはなるべく抑えてロボットみたいな人間を作り出すことを理念にしています。

人と違った選択をすると白い目で見られたり、いじめられたりする可能性もあるため、自分だけの選択がなかなかし辛くなっています。

全てはサラリーマンである教師という公務員に教えられて私たちが成長していることが大きな原因なのですが。

最近ではネット社会の進歩によって、サラリーマンだけが人生の全てではないという考えも出てきているのですが、それでも平日の夕方以降と土日に道路が混雑する光景を見ていると、ロボットのような考えの人の方が遥かに多いんだなと感じます。

これは他の人と異なったライフスタイルをすることに抵抗を持たせるような教育を受けてきたからこその出来事であると思います。

しかし、実際のところみんなが同じ行動をする必要なんてどこにもありません。

社会に出てしまえば家族からは何か言われるかもしれませんが、基本的にはそれぞれの人生で、みんなと同じような行動をしなければ悪いと言うこともありませんし、極端な話収入があって食べていけるのであればどんな人生を歩もうが自由です。

サラリーマンじゃなくても生きていけるのであれば、どんな仕事でもいいですし、それこそサラリーマンより少ない労働時間で、多くの収入を得ることができる可能性は転がっています。

もしも、

「仕事の関係で休日が土日しかない、でも土日は混雑するからストレスが溜まる。」

といったように、現状にストレスを感じているのであればまずは、

「サラリーマンじゃないといけない、みんなと同じ行動を取らないといけない」

という先入観は捨てましょう。

私たちの自由が制限され、ストレスを生み出しているのは、全て現在の仕事の労働形態のせいなのですから。

私が公務員を辞めたいと改めて思った今日の出来事

ここまで公務員を含めてサラリーマンとして働いている人のことをロボットと呼称してきましたが、実際は私もロボットの生活を送っています。

満員電車に揺られ、色んな人と肩をぶつけなら仕事に行って帰ってきて、休日に買い物に行くこともあります。

混雑が嫌いでなるべく人と顔を合わせたくないと考える私ですが、外出がやむを得なくなる時があります。

ちなみ先ほども少しだけ外出をしてきました。

日用雑貨の買い出しで急遽外出せざるを得なくなり、ドラッグストアに行ってきたのですがとても不快な気分になりました。

平日はゆったりとショッピングできるような店なのですが、本日は振替休日ということであり得ないくらいの人が店内にいました。

私はさっさと買い物を済ませようと思い、必要な物を揃えていきました。

そして、最後の品を選ぼうと陳列棚の前で数秒悩んでいました。

たまたまその棚付近に人がいなかったのですが、人が近寄ってくる前に早々に立ち去ろうと考えていました。

しかし、いきなり女性が近づいてきたと思ったそのとき、その女性は私の視界を遮るように、手を伸ばして私の目の前にあった品物を物色し出しました。

その女性は夫婦で来ており、後から駆け付けた男性も私の体を押しのけるようにして、一緒にその品を見始めました。

私の考えが正しいものかどうかはさておき、私はその夫婦に嫌悪感を抱きました。

「せめて、『すみません。』と言うことはできないのか?」

と不快に思い、私は買い物を中断して帰宅することにしました。

そして、改めて「あんな失礼な奴らと距離を置くには、今まで異なったライフスタイルを手に入れるしかない。」と感じています。

私が今日じゃないと外出できないライフスタイルを送っているために、私は不快な思いをしました。

どれだけ私が注意していようが、今日のような出来事は避けることはできません。

私を押しのけた夫婦と同じ時間帯に行動している限りは、いつまた同じ目に遭うかわかりません。

そして、現在の公務員を続けている限りは、必ずまた同じ目に遭うことでしょう。

自分の望む自由な人生を送るために仕事を変えることが重要であることに改めて気づかされた出来事でした。

みなさんは私のように休日の外出中に他の人間に対して嫌悪感を持ったことはありますか?

「せっかくの休日なのに何でこんな人たちと同じところにいないといけないんだ?」

と思ったことはありませんか?

忘れているだけで誰しも一度は経験があるはずです。

ただ、その嫌な経験を仕方のないことだと終わらせていないでしょうか?

その原因が現在の仕事の労働形態によるものだと一緒に考えてみませんか?

公務員を辞めるのは自由な時間と人生を手に入れるため

生きていたら不快なことは山ほどありますが、不快に思うような事件の大半は、他の人間に対する感情です。

他の人は他の人で一生懸命生きていてその人の考えがあるのですから、私たちが非難して変えることなんてできません。

休日に道路や遊園地が混むのも仕方ありませんし、混雑状況を私たちがどうにかすることはできません。

仮に私が今日不快に思った夫婦に文句を言おうが、私の与えられたストレスを消すことはできませんし、夫婦は同じことを繰り返すだけでしょう。

なので、私たちにできることといえば、いかに自分が変われるかどうかを考えるしかないのです。

自分のライフスタイルを変えることで、どれだけ他の人の行動とぶつからないように動ける自由を手に入れることができるかになります。

もし公務員を辞めて自由な時間と人生を送っていけるのであれば、自分にストレスを与える人間と距離を置いて生活することができるようになります。

混雑している時に外出する必要もなくなりますし、自分に不快感を与えるような人間との接触を極力さけることができるようになります。

そうすれば、それまでは混んでいて行くことのできなかった場所にも行けるようになりますし、それまでは抱えていたストレスから解放されることになります。

私はそんな人生を望んでいます。

今日のような不快な思いをしないように、自由な時間を手に入れ、自由な人生を送っていけるようにこれからも努力していきたいと考えています。

もし、この記事を読んでいただいた方が私のように日常での出来事にストレスを感じるようなことがあり、ライフスタイルを変えることによりそれを取り除いて穏やかな生活を実現できるのであれば、一緒にそんな理想を手に入れるために努力していきませんか?

公務員やサラリーマンなどの雇われだけが人生じゃないと思ってこれからの人生を変えたいと考えているのであれば、一緒に目指していきましょう。

一度きりの人生を自由でストレスのないものに変えていくための努力を一緒にしていきましょう。

 

【↓公務員を辞めて自由な時間を手に入れたいと考えている方はこちらをご覧ください↓】

公務員をノーリスクで辞めるタイミング【アフィリエイト】の準備