公務員を辞めたい理由の1つ【通勤で遭遇したヤバい奴】

どうもアゲハです。

4連休明けの通勤はとても辛いものですね。

みなさんもおつかれさまでした。

さて、私は職場まで毎日電車で通勤しているのですが、本日トラブルに遭いました。

つくづく電車通勤が嫌だと感じる出来事でした。

公務員を辞めたいと感じた通勤中の出来事

仕事を終えた私は、電車に乗って帰宅していました。

今日は疲れていたので、

座席の空いている電車で帰ろう

と電車を見送ります。

ようやく座席に腰をかけることができホッとしました。

すると、停車した駅で乗ってきた男性が私に絡んできました。

明らかに挙動不審な状態で、私の席の前に仁王立ちになると、

俺は高齢者だぞ!俺より若いんだから席を譲れ!

と言ってきたのです。

臆病者の私は一瞬萎縮しました。

しかし、明らかに理不尽だったので、睨みつけてました。

手を出してきたら羽交い絞めにしてやろう

と覚悟し、臨戦態勢を取りました。

すると、私の横に座っていた女性が席を立ちました。

すいません

と声を震わせながら、席を立ち去っていきました。

席が空くとすぐに男性は私にもたれかかるように、空いた席に座りました。

その後も肘をぶつけてきたり、唾を飛ばしながら大きな声で電話したり

敵意むき出しです。

ちなみに、その男性とは初対面です。

とても理性のある人間の行動ではありませんでした。

当初は耐えていたましたが、さすが不快だったので私も席を立ちます。

絡まれたのも嫌でしたが、こんなご時世で菌を移されるのも嫌です。

激しい怒りを抑えながらも必死に耐えました。

公務員の電車通勤は危険だと実感

私はもともと電車が大嫌いです。

人が密集しているのも嫌ですが、一番はモラルのない輩と同じ空気を吸う点です。

電車はとても安い乗り物なので、モラルのない輩と鉢合わせる可能性が上がります。

わざわざ人に絡んでくるようなレベルの低い人間は少なくありません。

そして、仮に事件が起きたとしても対応してもらえません。

なぜなら、電車の管理者が、それぞれの車両を全く管理できていないからです。

あれだけの人数が乗っているのに、車掌は2人だけしかいません。

さらに、満員電車であれば巡回することもできません。

はっきりいって電車の中は、無法地帯です。

料金を払う乗り物としては最低ランクでしょう。

私はこれまでにも電車でトラブルに遭ったことがあります。

しかし、今回の出来事は明らかに過去最悪です。

改めて電車通勤は怖ろしい行為だと実感しました。

そして、いつまでも電車に身をゆだねるのは危険だと思っています。

通勤ストレスや危険をなくすためには転職するしかない

電車通勤が懲り懲りだと感じる私に残された選択肢は、

  1. 職場の近くに住む
  2. 車で通勤する
  3. 転職する

のどれかです。

しかし、1番と2番はアウトです。

私はもともと職場の近所で暮らしていましたが、居住環境が劣悪なために現住居に引っ越しました。

私の職場の所在地はとても環境の悪い場所です。

治安も悪いし、空気も汚いしで、私には過酷な土地です。

なので、職場の近くに住むことはできません。

となれば、車やバイクなどで通勤すればよいと言う話になります。

私は以前、車で通勤していた時期があります。

電車のストレスに耐え兼ねたことが原因でした。

しかし、私の職場の近辺は渋滞が頻発します。

そして、交通マナーもとても悪く、事故に遭う可能性が高いです。

煽り運転で何度も命の危険を感じたことがあります。

車での通勤は神経をすり減らし、1日のモチベーションに悪影響を及ぼします。

ということで、私に残された選択は転職しかありません。

そして、できれば通勤のない転職が望ましいと考えています。

通勤のストレスから解放された仕事に就くことで幸福度が上がります。

公務員を辞めて電車通勤から卒業したい

今回は結局のところ、自分の身の安全を守れてよかったです。

ただ、いまだに怒りで体が震えます。

気分の悪い仕事を終えたのちに気分の悪い事件に巻き込まれ、救いようのない1日でした。

今後も現在の仕事を続けると、またいつトラブルに巻き込まれるかわかりません。

そして、その事件が命を脅かす可能性だってあります。

通勤はもともとストレスに溢れています。

憂うつな仕事を思いながら、重たい足を動かさないといけません。

にも関わらず、不幸な事件に遭遇するなんて最悪です。

今回の事件を経て、改めて転職に向けて頑張る必要性を感じることとなりました。

  • ヤバい奴らとなるべく遭遇する可能性を減らすため
  • ストレスを軽減するため

にも、怒りをモチベーションに変えようと思います。

私は幸い無事でしたが、みなさんもくれぐれも通勤の際はお気を付けください。

特に、電車通勤をしている方は注意が必要です。

ヤバいやつが近くにいたら逃げるようにしてください。

そして、できれば一緒に自由なライフスタイルを手に入れましょう。

通勤のない穏やかな人生を送っていけるように頑張っていきましょう。