公務員の福祉職を続けて学んだこと【転職に挑戦するための能力】

どうもアゲハです。

私は公務員の福祉職として、長い間は働いてきました。

前回は、受給者から学べることとして、

備えることの大切さ

を話しました。

今回は、始めることの大切さについて話します。

公務員の福祉職を続けて学んだこと【努力の大切さ】

生活保護の受給者は備えていなかった人たちだらけです。

病気や事故、といった突然の悲劇でやむを得ないこともあります。

  • 自分の人生を他人の責任にする受給者
  • くだらないプライドで虚勢を張る受給者

受給者には、人生をやり直す努力をしない人が多いです。

どうでもよいことばかりに目を向けて、肝心なところを見ていません。

自分の生活を向上させるのではなく、公務員のバッシングをする、といった行動が代表的です。

どの受給者も、順調に受給期間を延ばしていきます。

むしろ、病気の進行や老化により、元気がなくなっていきます。

以前は罵声を浴びせていた人も、数年後には弱弱しくなります。

  • いつかはよくなる
  • 誰かがなんとかしてくれる
  • どうにかなる

なんの努力もせずに、他力本願を続けた末路といえます。

人が新しいことに挑戦しない理由

病気などで生活を向上させることができない受給者はいます。

そのような人たちのために生活保護の制度が存在します。

ただ、努力すれば生活を向上させることができるのに、何の行動もとらない受給者がいます。

それらの受給者が努力しない理由は、

  • 居心地が良い
  • もう手遅れだ

といったものがあります。

居心地の良さを感じている人についてはどうしようもありません。

受給者が余裕を感じている状態なのですから、国の制度として問題があるとしか言えません。

変えられない制度に対して、文句を言う時間がもったいないので、これ以上は言わないでおきます。

一方で、手遅れだと感じて努力しない人については、共感を持てます。

なにか新しいことを始めようとするときに、

手遅れだと思って行動できない

のは、誰しも抱える悩みだからです。

私自身、

  • 借金まみれの30代が人生をやり直す
  • 30代後半の公務員が転職する

という行動を起こすまでに、

今から頑張っても手遅れだ

と思い、行動に移せない年月を重ねてきました。

ギャンブル依存症であった過去の自分

ギャンブル依存症として、借金まみれだった私の頭には常に

いつかはよくなる

という考えがありました。

  • 宝くじが当たって借金を完済できる
  • 俺に寄付してくれる人が現れる
  • ギャンブルの違法性が認められ借金を免除してもらえる

自身の病気とは向き合おうとせずに、努力もしませんでした。

落ちぶれた自分を周りの同年代と比較しては、

自身でやり直そうとしても、もう手遅れだ

と考えていました。

やり直せないと決めつけ、問題を先延ばしにした結果、借金が増えていきました。

私がギャンブル依存症を克服しようと努力していなければ、今ごろどうなっていたことか。

おそらくこの世には存在していないことでしょう。

そんな絶望的な状況にいた私が、やり直せたのは

もう手遅れだ

という考えを捨てたからです。

一歩ずつ積み重ねたからこそやり直すことができました。

同時に、自分を変えるための努力に

手遅れなんて存在しない

ことに気が付けました。

自分を変えるための手遅れなんて存在しない

先日、約1年ぶりに友人に会いました。

ちょうど1年半前に私がネットビジネスを始めるにあたり、お互いの成功を祈りあった中です。

お互いの近況を報告をしたところ、友人はネットビジネスの準備を全く始めていませんでした。

会話の中で、ネットビジネスが始められない言い訳をします。

私は会話をしている最中、

1年半前と全くおなじことを言っているぞ、、、

と驚きました。

友人は気づいていないようですが、以前と全く変化が感じられません。

おっとりした性格が、その友人の個性ともとれます。

しかし、私は友人が言い訳をしている姿に、過去の自分を見たようでした。

もう手遅れだ、と決めつけ努力をしていなければ、この発見はなかったはずです。

1歩ずつ確実に歩むことで、違った景色が見れることを再確認しました。

やり直しの機会は誰にでもある

結果が見えていない勝負は誰でも不安で弱気になるものです。

私自身、

ギャンブル依存症で借金まみれになっていた人生

を確実にやり直せるとは思っていませんでした。

しかし、周りを見渡せば、手遅れは存在しないという光景が広がっています。

例えば、80代、90代でゲーム実況をするおばあちゃんの存在です。

まさか高齢になってゲーム実況ができるなんて誰も想像できるはずがありません。

しかし、おばあちゃんたちの斬新な行動は評価され、一躍人気者となっています。

ゲーム実況を行うには手遅れな年齢

といった周りの決めつけを、はねのけて示した結果だと言えます。

一緒に新しい人生の幕を開けましょう

もう手遅れという言葉は、ただ努力を先延ばしにする常套句です。

しかし、実際は手遅れなことはないと、私は自分の人生から学びました。

いちばん大切なのは、どれだけ早く行動できるか、だと実感しています。

周りから言われようが、やったもん勝ちです。

さいごになりますが、手遅れだ、というネガティブな意見を吹き飛ばすオススメの習慣を紹介します。

別の記事でも紹介していますが、その習慣はHIITトレーニングです。

簡単に言えば激しい運動になります。

HIITを続けることで体型を変化させることができます。

体型が変化すると、自分の可能性を目で感じることができます。

そして、自分の可能性を信じることができれば

手遅れ

だと思って先延ばしにする機会も減ります。

年齢や体調により、HIITトレーニングを実践できない方は、食事制限によりダイエットに取り組んでみましょう。

努力の手始めに、体質を変化させてみてください。