公務員のストレスを減らすための習慣【情報の取捨選択をするために】

どうもアゲハです。

私は公務員を辞めたいと思いブログを始めました。

ネットビジネスで生きていくための知識を習得することもかねて運営しています。

とはいえ、最初はなにを書いてよいかわかりませんでした。

やりたいこともなく、どうしてよいかわからずに悩んでいた時期があります。

そんなときに、私はある習慣を取り入れました。

今ではその習慣のおかげで、自分のやりたいことが少しずつ見つかっています。

同時にストレスから解放され、モチベーションを向上させる結果にもつながっているようです。

情報を取捨選択するための習慣

私が取り入れた習慣は、

テレビを見るのをやめた

だけです。

テレビを見なくなった理由は2つでした。

  • おもしろくない
  • 時間が無駄だと感じた

コンプライアンス、バッシングにより、昔のように攻めた企画ができなくなったせいでしょうか。

最近のバラエティは、似たり寄ったりの面白くない番組ばかりです。

ニュースをつけても、不幸な事件や公務員のバッシングばかりで、不愉快な気分にさせられます。

ダラダラと見ていたら、あっという間に時間は過ぎ、見た内容も全然頭に入りません。

情報量が多すぎて消化不良を起こしてしまっているのでしょう。

こうして、いつしか自分にとって害でしかない時間だと感じた私は、テレビを封印することにしたのです。

習慣による変化

私がテレビを見なくなったことより感じている変化は4つあります。

  1. 悪い習慣が減った
  2. 良い習慣が増えた
  3. 視野が広がった
  4. ストレスが減った

1 悪い習慣が減った

テレビを見なくなったことで、自分が何をしたいのか、何をすべきなのかを考える時間が増えました。

おかげで、

これまではダラダラと過ごしてきた時間を新しいことに挑戦するために使おう

というモチベーションが湧いてくるようになりました。

どうでもよい情報に飛びつこうとしなくなり、twitterなどのSNSやスマホアプリに浪費する時間は格段に減りました。

テレビ同様、一日の大半の時間をつぎ込んできた悪い習慣が減っていったのです。

2 良い習慣が増えた

根拠のない情報、自分が興味を持たない情報には見向きしないようになりました。

芸能ゴシップ情報を掲載した記事、ミリタリーオタクの友人の熱い兵器の話はシカトします。

自分が知りたいと思う情報だけを追求するようになり、これまでは嫌いで敬遠してきた読書の時間が自然と増えていきました。

自分と同じ志を持つ人たちとの人間関係を築くことができ、逆に足を引っ張る人間とは縁を切ることができています。

3 視野が広がった

自分がどれだけ多くの無駄な情報、不必要な情報に囲まれていることに気が付きました。

これまではなんとなく付き合ってきた職場で繰り広げられる雑談も、

私にとって不必要でくだらない情報だ

と客観視できるようになりました。

一方で、これまでは深刻に考えていたことも

大したことない話

だと思えるようになりました。

4 ストレスが減った

自分に不必要と感じたことに頭を悩ませることがなくなりました。

職場で陰口をたたかれても、

自分にとってはくだらない情報

だと思って切り捨てることができるようになりました。

自分が不要だと考えた相手に忖度する必要がなくなり、以前よりも生きやすい人生が送れています。

おかげでうざい同僚がいても、容赦なく撃退することができます。

悪い習慣を排除し、良い習慣が増え、視野が広がったことで、自尊心が高まり、メンタルが強くなったことを実感しています。

自分が信じた道を進むことが大切だと気が付いた

1つの物事を見ても、様々な意見があります。

  • 朝食を取る派と取らない派
  • 人間は走るために生まれてきたと唱える人と走ることは有害だと唱える人

さまざまな人がさまざまなところでさまざまな意見を言っています。

テレビに限らず、ネットでもです。

おかげで私たちは何に悩んでいたのか、どの意見が正しいのかを混乱させられてしまいます。

私はテレビを見なくなったことをきっかけに、情報は自分が決めること、だと気づかされました。

さまざまな意見はあるけれど、自分がどの意見を信じて突き進んでいけるのか、が大切だということです。

当たり前のことなのですが、いつの間にか忘れていたようです。

人の意見に振り回されないように、自分で興味をもったことを勉強する必要があることに気が付きました。

世間の膨大な情報によそ見をしている暇なんてなく、ゆっくりでも確実に自分が興味を持つ内容に意見を持つことが価値のある努力だと感じています。

オススメしたい習慣

今回紹介している習慣は、

  • やりたいことが見つからず悩んでいる人
  • 疲れ果てている人

には特にオススメです。

私たちは生きているだけで膨大な情報に囲まれ、自分がどうしたいのかがわからなくなってしまいます。

人の意見が自分の意見になってしまっていることも珍しくありません。

また、様々な意見に振り回されているおかげで、知らぬ間にストレスを抱えてしまうこともあります。

一時でも情報を遮断することは、悩みから解放されるきっかけとなることを私は実感しました。

最初は、なんとなくテレビを見る、という習慣を手放すことが怖い方もいるかもしれません。

私自身、

情報が入って来なくなる不安

を感じていました。

小さい頃からずっとそばにあったものがなくなるのですから当然の反応です。

しかし、いざテレビを見なくなっても、なんら不自由のない生活が始まります。

どうしようもなく重要なニュースがあれば、自然と周りの人間から情報が入ってきますし、

必ずしもテレビを見ていなければいけない

なんてことがないことに気が付くことでしょう。

どうしても見逃せない、大好きな番組がある、というのであれば別ですが、できることなら是非一緒に実践していただけたらと思います。

ちなみに、私の人生にとって現在の仕事の知識も無駄な情報だと感じています。

独立のその日までは、引き続き最低限の知識でうまく立ち回れるように生活していきたいです。