公務員のうつ病をバカにする同僚や組織【低レベルなやつらを見返す】

どうもアゲハです。

公務員でうつ病になる人は多いです。

私自身も経験しました。

そして、いまだにうつ病になった人がバカにされることがあります。

誰にでもあり得る病気なのに、理解されづらい病気のようです。

しかし、気にする必要はありません。

今回はうつ病をバカにしてくるやつへの対応について紹介します。

公務員のうつ病をバカにするやつの対応策

公務員のうつ病をバカにしてくるような人間は、無視しましょう。

なぜなら、人をバカにしてくるようなやつは低レベルで、付き合う価値がないからです。

低レベルな人間の言葉に耳を傾けていたら時間の無駄になります。

人をバカにしてくるやつに共通しているのが、自尊心の低さです。

自分に自信を持つことができないから、他人を蹴落とそうとしてきます。

自尊心の低い人間はとにかく他人のことばかり気にします。

自分の人生をどうにかすればいいのに、人のことばかりです。

空っぽな自分を見られたくないから必死になります。

人をバカにするようなやつは、付き合う価値がありません。

うつ病だから心が弱い

という考え方しかできない単細胞な種族です。

公務員のうつ病という挫折を知って成長する

 

人は辛い経験をして成長することができます。

うつ病により悩み、苦しんだ先に成長のチャンスがあります。

何の苦労もない人間にチャンスは訪れません

人をバカにするような奴には味わえない経験です。

仮に2人の人間がいたとします。

  • もともとメンタルが強く挫折を味わったことのない人間
  • 挫折の経験から、メンタルを鍛えて強くなった人間

そして、2人に耐えられないほど大きな悲劇が起きたとします。

もともとメンタルの強い人間は中々立ち直れないはずです。

挫折を味わったことのない人間は、起き上がり方がわからないからです。

一方で、挫折を味わったことのある人は、起き上がり方を既に学んでいます。

挫折を味わったことのない天才肌のスポーツ選手が、スランプに落ち入り、そのまま消えることがあります。

それと同じ現象です。

私たちは公務員でうつ病を経験したことにより、強さを手に入れる成長のチャンスを手に入れたのです。

公務員のうつ病を経験したことに感謝している

私は公務員になってすぐにパワハラを受け、うつ病を患いました。

その後も、激務やクレーマー市民との応対で、何度もうつ病で沈みました。

しかし、いまではうつ病になったことに感謝しています。

感謝の理由は次の3つです。

  • 転職しようと思えた
  • ブログを始めれた
  • 心理学を勉強するようになった

うつ病を経験したおかげで、自分の新たな人生を考えるきっかけになりました。

また、自分の辛い経験を色々な人に伝えるためのブログを始めることができました。

そして、自分を知るために心理学を勉強するようになりました。

うつ病を経験し、上司に

メンタルが弱すぎるぞ!甘えるな!

とバカにされたときは腹が立ちましたが、いまでは感謝しています。

公務員のうつ病をバカにしてくる組織や人間は放置しましょう

最近の公務員という仕事の息苦しさから、私の周りではうつ病になる人が増えています。

それに対して、世間や組織、同僚までもが、

  • うつ病になるなんてあり得ない
  • メンタルが弱すぎる
  • 社会不適合者

と罵っています。

全ての人が公務員のうつ病をバカにするわけではありませんが、まだまだ理解してもらえない病気だと実感します。

しかし、周りの人間にいくら罵られようが気にする必要はありません。

私たちのようにうつ病を経験したら、さらに成長することができるのですから。

いつか成長したときに、うつ病をバカにしたやつを見返してやりましょう。

もっとも、私たちが成長している頃には、バカにしてきたやつは眼中にないかもしれませんが。

とにかく、倒れた自分を惨めに思うことはないということです。