ノースキルの公務員が取得すべき資格(スキル)

どうもアゲハです。

公務員として働いている方の中には、次のような考えの方が多いと思います。

  • 「公務員の仕事が辛くて辞めたい」
  • 「でも、やりたいことも見つからない。」
  • 「自分はノースキルだし、耐えるしかない。」

このような考えの方は、なかなか方向性が決まりません。

結果として、公務員にしがみつくしかありません。

かくいう私がそのパターンで、気がつけば勤続13年です。

そんなノースキルだと嘆いている方に、いま時代の波に乗るチャンスが到来しています。

この機会を逃す手はありません。

今回は、自分がノースキルだと思って人生に悩んでいる方に向けた記事です。

何をしてよいかわからない方に参考にしてもらえたら幸いです。

ノースキルの公務員が取得しておくべき資格(スキル)

ノースキルだけどやりたいことも見つからない方には、プログラミングの勉強がオススメです。

プログラミングを勉強するメリットは次の2つです。

  • IT系の企業に転職できる
  • フリーランスとして起業できる

いざ公務員に不安を感じても、スキルがないとしがみつくしかありません。

パワハラやサービス残業、不適性な業務に耐える必要があります。

しかし、どうしても公務員を耐えることができなくなったときに、何もスキルがないとお手上げです。

公務員として必死で働いてきたとしても、転職するためのスキルは身につきません。

たとえ倒れても誰も助けてくれません。

なので、万が一自分が公務員をやめることを考え、自身でスキルを見つけておいた方がよいです。

そして、さまざまなスキルの中でも特にプログラミングをオススメします。

他の資格よりもプログラミングがオススメな理由

スキルを見つけようと考えたときに、さまざまな資格の取得を考えると思います。

しかし、一般的に実用的な資格は、難易度が高いです。

例を挙げると税理士や弁護士、医者などです。

一般的に実用的な資格は、習得に条件と長い期間を要します。

一方で、プログラミングのスキルは短期間で習得が可能です。

順調に勉強していけば、最短3か月でエンジニアとして働けるとも言われています。

また、現在ウイルスの影響により、リモートやテレワークが推奨されています。

同時に遠隔システムを構築するIT業界が急成長しています。

ノースキルだと思って悩んでいる方にとっては、むしろいまがチャンスです。

時代の波に乗って、プログラミングを学んでいきましょう。

ノースキルの公務員が転職のためにプログラミングを学ぶ方法

プログラミングを学ぶ方法は次の2つです。

  • プログラミングスクールに通う
  • 独学する

プログラミングスクールに通う

テックキャンプやテックアカデミーが有名です。

プログラミングスクールに通うことで、短期間で濃密なプログラミング学習が受けれるようです。

ただ、費用が高額です。

多額の出費は、勉強によいプレッシャーになります。

しかし、万が一挫折したときのリスクも高いです。

独学する

プログラミングに関する本や動画は多数存在します。

スクールに通わなくても十分独学は可能です。

プログラミングの本を開いていただいたら分かりますが、とても難しいです。

独学の際は、動画に合わせて手を動かすのがオススメです。

なお、動画配信サイトで有名なのが次の2つです。

  • ドットインストール
  • プロゲート

どちらも一部有料ですが、安価でプログラミングを学べます。

ちなみに、私はドットインストールでいまも勉強中です。

プログラミングを始めたきっかけ【ノースキルの公務員だと自覚した瞬間】

私は今年に入りプログラミングの勉強を始めました。

始めたきっかけは、自分がノースキルだと実感したからです。

私はもともとブログやyoutubeで生活していく予定をしていました。

そのための準備をこれまで着々と進めてきました。

しかし、ブロガーやyoutuberというのはなかなかに芽が出ません。

天才的なセンスがあるごく一部の人間を除いて、ほとんどの方は数年の修業期間があります。

現時点で少しの収益は生み出せるようになっているものの、まだまだです。

そんな私の姿を見かねた人からある苦言を呈されました。

そんなんで本当にご飯食べていけるの?

と言われてたのです。

そのときに、改めて自分がノースキルだということに気が付きました

ブログやyoutubeで全く成果がなかった場合に、公務員しか選択がない自分の能力を思い知ったのです。

どれだけブログやyoutubeを頑張っても、それらが失敗したときの無力な自分を怖れました。

そこから私のプログラミングの勉強が始まりました。

プログラミング学習の結果

私は勉強を始めた感想としては、

もっと早く始めていればよかった

の一言です。

勉強を始めたことで得られたのは次の2つです。

  • 自信
  • 周りからの信頼

プログラミング学習により、自分がノースキルだとは思わなくなりました。

公務員がダメでもエンジニアで働けばよいか

と思えるくらいの自信がつきました。

そして、周りからの信頼も少しずつ得られるようになりました。

ブロガーやyoutuberになると言っても、周りからは

こいつ大丈夫か?

としか思われませんでした。

しかし、プログラミングを活かした仕事をすると言えば、周りも納得してくれます。

おかげで、公務員を辞めることに反対していた人も少しずつ応援してくれるようになっています。

また、パソコンに強くなったので、念願の部署異動が果たせる可能性も出てきました。

転職するためのスキル習得の思わぬ副産物です。

職場からの評価も少し上がりました。

仕事をしながらの勉強はとても大変です。

しかし、間違いなくやる価値があります。

年度末まで残り4カ月ですが、それだけあれば十分です。

新しい年度に入る前に習得していきましょう。