【人事担当から伝えられた人事異動の決め方】公務員を辞める十分な理由

どうもアゲハです。

あるとき人事担当の幹部と話す機会がありました。

人事異動が叶わない現状を伝え、アドバイスをもらうつもりでいました。

しかし、人事担当の幹部からの返答は衝撃的な内容でした。

公務員の人事異動への期待が完全に消えた瞬間

人事担当の幹部と話した際、

病気休暇の経歴があると他部署に迷惑がかかるから異動の対象から外れる

と伝えられました。

パワハラだろうとなんだろうと病気休暇は病気休暇です。

一度でも経歴に傷がついてしまうと挽回は難しいと言う内容でした。

10年近く異動できない私はもともと、希望を捨てていました。

とはいえ、改めて事実を告げられると、ショックでした。

心のどこかで、

そのうち自分の適性を見てもらえる日が来るだろう

と思っていたのでしょう。

なぜなら、都道府県や各自治体で制定される人事異動方針の存在を信じていたからです。

方針の内容はどれも似たり寄ったりです。

代表例として東京都の人事異動方針を抜粋します。

東京都職員人事異動方針 一部抜粋

  • 適性の発見機会を提供すること
  • 多様な仕事を経験させ、能力の幅を広げること
  • より困難度の高い仕事を経験させ、能力を伸長すること

    定期的に部署異動で幅広い経験を積むことが、人事異動の目的とされています。

    方針のとおりであれば、いつかは異動できると思っていました。

    しかし、現実は違います。

    方針が反映されているのであれば、私が生活保護の担当を10年近くさせられる事実はあり得ません。

    結局、人事異動方針なんてものは建前であると実感しました。

    自治体の内情としては、経歴に傷のある公務員には異動の機会は与えられないというのが真実です。

    公務員人生【人事異動】を挽回するチャンスはゼロ

    私はさらに、

    人事異動の対象と選ばれるチャンスはないのか

    と、人事担当の幹部に尋ねてみました。

    すると、2つの可能性が挙げられました。

    • 仕事で偉業を達成する
    • 人事権を持つ幹部に媚びを売る

    私はすぐに実現不可能であると感じました。

    仕事で偉業を達成

    公務員の仕事は法定された内容です。

    個人のアイデアが採用される機会は滅多にありません。

    なので、万が一にも偉業を達成する機会はないのです。

    そもそも公務員はいまだに年功序列の文化が残っています。

    人を評価する力を持つ人間は上層部に存在しません。

    頑張っても自己満足で処理されることでしょう。

    人事権を持つ幹部に媚びを売る

    仕事がダメなら、媚びを売るしかありません。

    忖度に命を賭けることで、可能性は見えてくることでしょう。

    しかし、媚びをいくら売っても確実ではありません。

    人の心は移ろいやすいですし、少しミスをすればすぐに失墜してしまいます。

    さらに、どれだけ媚びを売れたとしても、その人自体が異動となる可能性があります。

    ミスは許されず、不確実であると言う点で、不可能な話です。

    実際にこびへつらって失敗した人、転落した人を何人も見ています。

    そもそも、誰かを気に入られようとしたら誰かに嫌われるのが世の常です。

    組織にはたくさん人がいて、どいつが自分を窮地に追い込むかわかりませんし、途方のない話です。

    無理に足掻いても、期待が実現せず裏切らてメンタルがやられるだけだと感じました。

    というか、人事担当の幹部が

    媚びを売る

    と言う言葉を使ったのが一番の衝撃でした。

    公務員を辞める理由【覚悟が強まる】

    以上のことから、実質的に私の公務員ライフは終了しています。

    一度レールから外れてしまった私には挽回のチャンスもありません。

    適性を見てもらうこともなく、厄介者扱いで向いていない仕事を永遠をさせられることでしょう。

    仮に異動ができたとしても不本意な異動でまちがいありません。

    都合の良い駒としての異動かあるいは制裁として異動させられます。

    残り約30年間、職場にとって私の存在は無価値だということです。

    私に残された道は

    • このまま使い捨ての駒として転がる
    • 新たな道を探す

    のどちらかということです。

    前者は現状維持です。

    自分のやりたい仕事は一切させてもらえず、やりたくない仕事を耐え続ける時間を過ごす選択です。

    想像しただけで病気になりそうです。

    憐れに自主退社する自分の姿がちらつきます。

    結局、私が取れる選択は後者です。

    よりいっそう覚悟を決めて、転職のために時間を費やすことです。

    • いつか良くなる
    • 認めてもらえる日がくる

    なんて淡い期待は捨てるしかありません。

    新しい人生を送るための覚悟が必要です。

    希望する公務員の人事異動と組織の方針を確認できてよかった

    自分に向いてない仕事をして、転職の準備を始めたものの、

    いつかはどうにかなる

    と甘い気持ちでした。

    私の公務員人生は、パワハラを受けて病気休暇を取得した頃から決まっていたようです。

    公務員であり続けることで、当面の安定収入は保証されます。

    景気が傾いたとしても、収入面での心配はありません。

    しかし、今後もやりたい仕事ができる機会を与えられないのであれば、話は変わります。

    今回は改めて組織の方針を聞くことができてよかったと感じます。

    自分の求めるライフスタイルは今の組織にない

    と断定することができました。

    これからはいっそう、独立できるように努力していこうと思える良い機会となりました。

    もちろん準備ができるまでは、最低限の仕事をして、満額の給料はもらうつもりです。

    組織に属している以上、最低限やるべき仕事はこなします。

    その先に自分が求める生活が待っていると信じて駆け抜けたいです。

    この記事を読んでいただいる方の中にも、不本意な異動の対象になる方は多いことでしょう。

    いくら希望を出しても異動させてもらえない方もいるはずです。

    そんな方も機会があれば、人事担当の人と話してみてはいかがでしょうか。

    もし淡い期待すら抱けないようであれば、自分の人生の方向を修正するチャンスです。