【レベルの低い職場実態】公務員職場で繰り広げられる不祥事と不法行為

どうもアゲハです。

厳しい公務員試験を合格して待っていた光景は悲惨でした。

自分を取り巻く環境の劣悪であり、

レベルの低い人たちに囲まれた仕事

でした。

これから話す内容は、私の職場で実際に起きているにも関わらず黙認されている事件です。

公務員試験受験を検討している方は、受験志望の判断材料にしてください。

また、現在の公務員の方で、もしみなさんの周りでも起きている方もいらっしゃるはずです。

その場合は、ぜひ一緒に転職を目指していきましょう。

低レベルな人間に毒されて、人生が色あせる前に行動しましょう。

公務員とは思えない不祥事と不法行為が蔓延する職場実態

私の職場では、パワハラをして、平気で人を傷つけようとするクズがいます。

その他にも公務員として、あり得ない言動の人間がいます。

もはや公務員どころか、成人の行動ではありません。

それが次のようなやつらです。

  • 物に当たるやつ
  • 物を壊すやつ
  • 暴力を振るうやつ
  • トイレでタバコを吸うやつ

公務員と言えば、堅い仕事のイメージです。

さぞ人間ができた人たちに囲まれて仕事ができるのだ、と思われがちです。

しかし、実際に働いてみると決してそんなことはないのです。

その事実を順に紹介していきます。

物に当たるやつ

自分の気に入らないことがあると、物に八つ当たりする人間がいます。

若手の職員から、課長と呼ばれる年配の職員まで年齢はさまざまです。

1人、2人の話ではありません。

各部署にそれぞれ存在しています。

住民に見られていようが、上司の前であろうが、関係なく当たり散らします。

怒りのコントロールができていないことは一目瞭然です。

そして、なによりも完全に幼稚な行動です。

  • 書類を全力で机にたたきつけるやつ
  • 電話を投げて壊すやつ

初めて見たときは、社会人の職場とは思えませんでした。

最近では慣れてしまいました。

すっかりと日常風景です。

しかし、世間一般ではありえない話です。

特に、公務員ともなるとあるべきでない話です。

物を壊すやつ

物に当たるやつの強力なバージョンです。

  • ペンや鉛筆を折るやつ
  • ハンマーで壁を叩くやつ
  • 扉を蹴り破るやつ

扉を蹴り破っているやつを見たときはさすがに衝撃でした。

そもそも備品など、公務員の職場に置かれているものは税金で賄われています。

物に当たるのも、物を壊すのも本来してはいけない行為です。

間違いなく懲戒処分を受ける案件になります。

ただ、たいていはお咎めがない状態です。

理由は、お偉いさんたちによる犯行だからです。

どれだけ悪事であっても、内部でもみ消されます。

暴力を振るうやつ

  • 物を壊すやつ
  • ハラスメントを行うやつ

がいるのであれば、暴力を振るうやつも当然います。

  • 同僚を骨折させるやつ
  • 同僚にその他の重傷を負わせるやつ

不思議と住民に暴行を加えるやつはいません。

おそらく、住民へのストレスを耐えた結果、同僚に危害を加えているのでしょう。

ちなみに、私も同僚に突然殴られた経験があります。

特にケガは負いませんでしたが、

社会人になって手を出されるなんて

思いもしませんでした。

完全なる犯罪行為です。

これらもまた内部でもみ消しが行われるため、明るみに出ることはありません。

もし流出でもすることがあれば、いったいどれだけの同僚が姿を消すことやらです。

トイレでタバコを吸うやつ

オリンピック開催に伴い、官公署の敷地内は禁煙となりました。

喫煙者にとっては、非常に辛い時代になっています。

そんな禁煙の辛さに耐え兼ねて、トイレで喫煙する人が出没するようになりました。

まるで高校生のヤンキーのようです。

トイレ内で吸われているのは加熱式タバコというものです。

アイコスやグローと言った、煙ではなく水蒸気を吸うタバコになります。

紙タバコに比べて臭いが出ないから、と油断しているのでしょうか。

吸わない人間からしたらすぐにわかります。

せめて敷地の外でバレないように吸えばいいのに

と呆れてしまいます。

公務員職場から不祥事や不法行為がなくなることはない

不祥事、不法行為はもちろん許されません。

しかし、職場からそれらがなくなることはありません。

なぜなら、いつまでも自分の不祥事や不法行為をもみ消すお偉いさんがい続けるからです。

上の人間が不法行為をもみ消し、下の人間がそれを真似をします。

そして、下の人間が上になり同じことを繰り返されていくのです。

なので、職場を改善しようとして、問題のある人間だけを排除しても無駄です。

脈々と受け継がれる悪しき精神を変えることはできません。

さらに、公務員でも自治体など部署が多い場合であれば、定期人事異動があります。

人事異動による回転により、悪しき精神を持った害虫が色々な部署にばらまかれます。

ある時期までは平和な部署でも、害虫が現れることで汚染されていくのです。

すべての公務員が害虫に侵されるというわけではありません。

ほんの一部でしょう。

しかし、たとえ少数であっても、不祥事や不法行為を働く輩に変わりありません。

不祥事や不法行為を働く輩は永久に不滅だということです。

公務員職場の不祥事や不法行為による悪影響

同僚の不祥事や不法行為により、受ける影響と言えば

  • 性格がゆがむ
  • メンタルが傷つく

のどちらかです。

性格がゆがむ(不祥事や不法行為に感化されて、悪事を働く人間になるパターン)

上司の暴言を受けて育った人間が、自分の部下に同じことをするケースはよくあります。

私に以前、パワハラをしてきた上司がいます。

その上司は、自分が公務員になった当初、パワハラを受けたそうです。

そこで、至った上司の答えは、

自分がされたことを下にもやってやる

という考えでした。

パワハラという不法行為によって、生まれた被害者とも言えます。

自分が受けた屈辱を下の人間に晴らしているだけです。

ただ、下の人間に自分の屈辱を晴らそうとする時点で狂っています。

明らかに害虫です。

ちなみに、その人はお偉いさんになって、いまだにパワハラを続けています。

誰も止めることはできません。

その人の下で育った人間がまた、新たな加害者になるのでしょう。

他にも、物に当たる上司の下で育った人間が、物に当たりやすくなっている姿を見たこともあります。

不祥事や不法行為を働く人間が近くにいると、マネをする人間は必ず現れます。

これは人間の本能のため、抗えない習性だと言えます。

メンタルが傷つく(不祥事や不法行為の被害に遭ってメンタルが傷つけるパターン)

私のように、パワハラを受けて打ちひしがれた人はメンタルが傷つきます。

公務員を辞めたいと叫ぶでしょう。

それかストレスから逃げるために、なにかに依存する可能性もあります。

それが私のようにギャンブルの可能性もあります。

多くの人が手を出しているアルコールの可能性もあります。

異性への依存かもしれません。

また、ハラスメントを受けたあとに、身の回りで物に当たられるとビクビクしてしまうものです。

当時のハラスメントを受けいた記憶が鮮明によみがえります。

レベルの低い職場で働くべきではない

これから公務員を目指す人は、

公務員がきちんとした職場である

という思い込みは捨ててください。

私の職場のように、不祥事と不法行為に溢れた職場もあるのです。

そして、そのような職場に勤めていると、必ず悪影響を及ぼします。

メンタルを傷つけるのはよくないですが、平気で人を傷つける人間になるのもよくないです。

レベルの低い職場にいることで、自分の品位が下がってしまうことを覚えておきましょう。

最悪な職場である可能性を想定して、公務員試験に臨んでいただきたいです。

また、現役の公務員として勤めている方についても同様です。

もし私の職場と同じような人間がいるなら長居すべきではありません。

だいじょうぶだ

と思っていても、なにかしらの影響を受けているはずです。

そして、いつか必ず危害を加えられる日が来る可能性もあります。

そうならないためにも、一緒に転職の準備を始めてみませんか。

低レベルな職場から一緒に卒業しましょう。

バカと付き合わないで済む生活を一緒に手に入れていきましょう。