【クビにならない?!】公務員のつまらない仕事は人生をダメにする!
アゲハ

公務員にはクビにならないという慢心から貴重な人生の時間を浪費してしまう人が多いです。つまらない仕事をしてつまらない人生を送る、このままで本当にいいんでしょうか?一緒に考えていきましょう!

どうもアゲハです。

「公務員になったら犯罪さえしない限りはクビにならない。」

こんな考えからか、公務員になったら人生の貴重な時間を無駄に過ごす人がいます。

今回は、「そんな時間の過ごし方をしていて本当にだいじょうぶなのか?」という考えで、一緒にこれからの人生を考えていけたらなと思います。

公務員の仕事終わりの時間の使い方

公務員になったら人生は保証されるのでしょうか?

アゲハ

公務員が安泰である時代は終わっていますし、何より公務員のストレスはどれだけ発散しようとしても発散し切ることはできない。

公務員の仕事終わりの生活スタイルは次のどれかです。

  • 仕事が終わったら毎日居酒屋に直行する
  • パチンコ屋にダッシュ
  • 締めの風俗

他にも出会い系で毎日違う女性と関係を持つ人など、仕事が終わるとそのストレスを発散するために欲望にまみれた生活を送っています。

これがたまの息抜きなら良いかもしれません。

いつも頑張っている自分へのたまのご褒美という意味なら分かるのですが、私の知る限り多くの同僚が毎日こんな生活を送っています。

とはいえ、こんなことを偉そうに言っている私自身も、数年前までは欲望にまみれた生活を送っていました。

仕事が終われば閉店までパチンコを打ち、パチンコ屋が閉まったら居酒屋やキャバクラに行き、酒が抜けない状態で出勤することなんて珍しくない日々を過ごしていました。

何も考えずに日中の仕事のストレスを耐え抜いた自分へのご褒美として、毎日何も考えずに時間とお金を無駄遣いする日々を、公務員になってからは過ごし続けてきました。

当時の私にとって公務員になったことは人生のゴールであり、公務員のストレスをなくしたいなどと考えるに至りませんでした。

「公務員になったらもう人生は勝ち組でクビになることもないんだから、向上心を持つ必要なんてない」という周りの空気に影響を受け、私も「そのままでいいや。」と思うようになりました。

「公務員のストレスは仕方のないもの」で、「仕事が終わったらストレス発散に時間を使う」という方程式を作り上げた私は、何の疑問も持たずに同僚とともに無駄な生活を過ごすようになってしまったのです。

無駄な時間を過ごした訳

公務員を辞めたいけどどうしてよいかわからない

アゲハ

公務員を辞めることなんてできないんだし、無駄なことを考えるのはやめて酒に女にギャンブルを楽しもう!

私は公務員になってから13年間、公務員に対する不満を抱えながらも公務員を辞めようとはしてきませんでした。

誰にも指図されない自由な暮らし」という理想は持っており、酔っぱらったときには「俺は公務員を辞めて独立したい。」と愚痴をこぼすことはありましたが、結局次の日には何を考えていたのか酔いすぎて覚えていませんでした。

13年間の間ストレスは溜まり続け、体の至るところが病み始めているにも関わらず、元々の原因になっている「公務員」という仕事を辞めるための努力は全くせずにのうのうと生き続けてきました。

では何故公務員を辞めるための努力をしようとしなかったのかを考えた時、2つの大きな理由がありました。

  • 公務員を辞めるために何をしてよいかわからない
  • 公務員を辞めるための相談をできる人がいない

「いつかは独立したい!」と考えていた私ですが、「独立」「経営者」のためにどうしていいかわかりませんでした。

私には「雇われ」ることしか人生がないと思うようになってしまっていて、「雇われ」ることが全てだと考えていた私は、公務員を辞めたら人生が終わりだという結論に至りました。

どこの民間企業が公務員崩れを採用してくるんだと考えましたし、そもそも私のような根性なしを誰が採用するんだと思いました。

「雇われ」ることしか考えていなかった時点で、私は公務員を辞めるために何をしてよいかわからなくなってしまいました。

そして、「公務員を辞めたい」という相談をしようにも、周りの人も「雇われ」の身ばかりだったので、「むしろこっちが聞きたい。」とか「公務員を辞めるなんて甘い。」、「公務員すらできないのか。」といった参考にならない意見しかありません。

こうして私は、「公務員を辞めたいけどどうしようもない。」「どうせ辞めれないなら欲望にまみれよう」「欲望と言えば酒に女にギャンブルだ!」という生活を13年間ほぼ毎日欠かさずに送ってきたのです。

公務員の同僚に欲望の仲間がたくさんいたことが災いして、私はそんな生活に何の疑問も持たず、飽きずに繰り返してきました。

探せばいくらでもあった

公務員を辞める方法は本当にないのですか?

アゲハ

探せばいくらでもある。でも、普段関わる人に聞いてもそれを知っているはずがない。

13年間を振り返ってみた時に私に残っていたものは何もありませんでした。

  • 公務員なんだしもう努力する必要もない
  • 公務員を辞めることなんて無理だよ

欲望にまみれた生活を送り続けた私は、貯金のないただの腹が出た中年男性です。

途中アムウェイのディストリビューターを知人から勧められてやってみようかと思った時期はありました。

アムウェイで年収3000万円稼ぐ人のパーティー、ミーティングや勉強会などに何度か参加してみましたが、アムウェイは副業禁止規定に当たってしまうため、現実的ではないと思ってやめました。

今考えたらアムウェイは自分には向かないものなので、やらなくてよかったと感じています。

そんな空っぽな中年男性である私に衝撃を与えたのが、友人からの情報提供でした。

その友人はネットビジネスで成功している友人がいるということを色々と教えてくれました。

仕事をしながらコツコツと作業を繰り返して、2年で独立した友人がいることを聞いた私は今年になってようやく「ネットビジネス」というものに出会ったのです。

ネットビジネス自体は、闇金ウシジマくんという漫画の中で紹介されていたため、「アフィリエイター」「情報商材」という言葉を知っていました。

しかし、その漫画の中ではそれらが詐欺の方法として紹介されていたので、悪い印象しかなく、これまでは関わらないように生きてきました。

そんな以前あら知っていた情報をようやく調べてみようと思うようになるまで数年の時間が必要になりました。

よく考えたら公務員を辞める方法はいくらでもあったし、公務員を辞めている人もいくらでもいるのに、それらの情報に触れようとせずに人生を諦めて過ごしていたことに少し後悔しました。

公務員になることはゴールでないと考えたい

毎日同じ生活を送っていることに疑問はありませんか?

アゲハ

公務員がゴールではない。10年後に良かったと思える生活を送りたい。

今の時代、公務員の安定は失われつつあります。

何もしなければ給料が自然と上がっていく時代は終わり、人事評価制度の導入により組織の匙加減によってはクビにされる可能性だってあるのです。

私は公務員になってから13年間欲望にまみれるだけで生活してきたおかげで本当に何の取り柄もないおっさんです。

もし、この状態でクビを切られたら私は生活保護を受けないと生きていけなくなっちゃいます。

生活保護担当から生活保護受給者へのジョブチェンジなんて格好悪すぎます。

みなさんも私のような末路を迎えてしまわないように一緒に努力を始めましょう。

そのためにも、まずは公務員になったことを勝ち誇ること、そして人生のゴールだと考えるのをやめるべきです。

公務員であろうが、このご時世どうなるかわからないということを考えましょう。

そして、公務員を辞めたいと思うのであればいくらでも道はあるのですから、諦めずにその道を突き進んでいきましょう。

それらを考えていれば、仕事終わりに酒や女、ギャンブルに時間を使っている暇はなくなるはずです。

何年、何十年繰り返しても何の糧にもならない欲望にまみれた習慣から抜け出せるはずです。

もし私と同じように、公務員になってから目標を見失ってしまっているというのであれば、これからが戦の始まりです。

資格を取るのも良いけど、、、【提案】

これからを生き抜いていくために資格を取った方がいいんでしょうか?

アゲハ

生活できる資格はほんの一部でそれに時間を使うのは現実的ではない。それに資格があっても生活困窮者の人もいる。例えば弁護士。

とりあえず何をしたらよいか分からないし、「備えとしてこれから資格を取ろう!」というのもよいことです。

職場の飲み会のように無駄な時間を過ごすのに比べたら、帰宅して勉強することはとても有意義な話です。

でも、資格の勉強って続けていくの辛くないですか?

資格を取ったからと言ってお金が手に入る訳でもないですし、その資格を生かして成功するとなれば、それ相応の難易度になっちゃいます。

「楽に取れる資格はあまり役に立たないし、難しい資格を取るのはとても辛い。」

資格を取ろうとして勉強のための本を買うだけ買って、結局何もできないという人をたくさん知っていますし、私もその一人です。

なので、そんなことに時間を使うくらいならば、是非ブログを始めましょう。

最初は無料のブログを登録して、毎日の愚痴を書くだけでもいいので始めてみませんか?

たかがブログと言ってもそれも立派なネットビジネスですし、ネットビジネスの勉強にもなります。

それはどんな小手先の資格を取ることよりも必ず重要になってきます。

なぜなら、簡単な資格と違ってネットビジネスはお金を手に入れれる可能性があるからです。

これまで仕事終わりに繰り広げてきた酒、女、ギャンブルといった悪い習慣から足を洗ったとして、資格を取るという選択をするくらいなら是非ブログを検討してみてください。

行動を少し変えることでつまらない習慣を変えていける

少しずつでも確実に行動を変えていきませんか?
アゲハ

悪い習慣を減らしていくことで10年後に一緒に笑って生活しましょう

この前職場の個室トイレを使っていたときに、横のトイレを使っていた人が「おぇ〜!」と吐いていました。

公務員は飲み会ばかりなので珍しい光景ではないのですが、私は苦しそうな声を聞いて、「吐くぐらい飲むなら、他に時間を使えよ。」と呆れていました。

13年間吐きまくりだった私の言えたことではありませんが、その人を不憫に感じました。

そして、私も気づきを得ることができなければきっと同じように吐いていたんだろうなとしみじみと感じました。

定年までずっと同じことを繰り返し、記憶に残らない無駄な毎日を送っていたんだと思います。

今の生活がそんなに華やかなのか?と言われるとそういう訳でもないですが、酒や女、ギャンブルに溺れていた時に比べたらだいぶマシになったと思います。

ブログを始めてネットビジネスのことを学び、スポーツのブログを開設し体を動かすようになり、食事や睡眠に気を遣うなど生活は一変しました。

今では当時に何故あのような生活をしていたのかわからないくらいの変わりようです。

一度きりの人生、貴重な時間を飲み会で潰す無限ループで使い切ってしまうのか?それとも有意義に使って新たな人生を掴みとるのか?

もしよければ一緒に考えていきましょう。

10年後に笑って新しい人生を送れるように、まずは是非ブログを始めてみましょう。