【限定公開】副業ができない公務員の転職準備【サーバーの登録】

どうもアゲハです。

ネットビジネスとしてブログを始めるために、前回はドメインを登録しました。

これでブログの名前を決まりです。

ドメインの登録がまだの方は、前回の記事を参考にしてください。

タイトルが入ります。

【↓ブログの名前(ドメイン)の登録方法を紹介した記事です↓】

副業ができない公務員の転職準備【ドメインの登録について】

今回はサーバーの登録方法について説明していきます。

サーバーとは、ブログを運営する上で、土地のようなものです。

商売を始めるのであれば、場所が必要となります。

ブログにおいても、運営するためにサーバーを準備しましょう。

サーバーの登録方法

サーバーを手に入れるためには、サーバーをレンタルしてくれる会社と契約する必要があります。

サーバーを提供している会社については、「レンタルサーバー」とググれば、たくさんでてきます。

それぞれの会社によって特色はあるようです。

もし興味がある方は「レンタルサーバー 比較」と検索すれば、特色をまとめてくれているサイトが見つかるでしょう。

今回は、私が実際に使っている「エックスサーバー」という会社の登録方法について紹介していきます。

まず、費用使い勝手を見てみましょう。

エックスサーバーの費用

初期費用   3,000円

利用金額   1,000円×12ヶ月

合計    15,000円

※キャンペーン実施状況により、金額の変動があります。

当初は、初期費用がかかります。

とはいえ、毎月1,000円でブログを運営することができます。

公務員の給料から考えれば、維持はたやすいです。

使い勝手

私がエックスサーバーを利用してから1年半がたちます。

いまのところは、問題を感じていません。

現時点で100記事を投稿していますが、容量に余裕があります。

また、ブログの通信速度も正常です。

トラブルもなく、安心してブログ運営が行えています。

エックスサーバーの登録

それではサーバーの登録方法を説明していきます。

こちらもドメインと同様に、パソコンでの操作をオススメします。

私のブログはスマホで開き、それを見ながら、パソコンで登録作業を行いましょう。

これから紹介する画像はパソコンで操作した画面です。

スマホで操作した場合とでは、画面が異なるので、ご了承ください。

また、エックスサーバーのサイトは定期的にレイアウトの変更が行われます。

(※ 2020年11月16日以降は、従来の「インフォパネル」画面が廃止されます。また、現時点で「インフォパネル」と選択する部分はなく、「Xserverアカウント」という名前に変更されている状態です。)

私の添付している画像とは少しボタンの配置が変わっている場合もあるでしょう。

そのときは、同じ名前のボタンを見つけてください。

エックスサーバーの申し込み

まずは「エックスサーバー(XSERVER)」とググってください。

すると、検索画面の一番上に、エックスサーバーの公式サイトが表示されるはずです。

以下、エックスサーバーの公式サイトです。

エックスサーバー公式サイト

【↓こちらがエックスサーバーの公式サイトです↓】

https://www.xserver.ne.jp

エックスサーバーの公式サイトに入ってください。

すると、トップ画面として、次のような画面が表示されます。

画面の上部にある「お申し込み」ボタンを押しましょう。

すると、次のような画面に移動します。

新規にエックスサーバーをお申し込みの方」を選びます。

そして、「お申込みフォーム」ボタンを押しましょう。

すると、次の画面のような画面に移動します。

プランや住所などの入力画面となっています。

必須項目を全て入力していきましょう。

契約内容のうち、サーバーIDは適当に決めていただければおっけいです。

半角英数字で、3文字以上12字以内です。

プランは「X10」、業務区分は「個人」でチェックを入れましょう。

利用規約の同意について」に、チェックを入れます。

お申し込み内容の確認」のボタンを押しましょう。

すると、確認画面が再び表示されます。

入力に誤りがないことを確認できれば、「お申し込み完了」のボタンを押しましょう。

以上で、エックスサーバーの申し込みは終了となります。

料金の支払い方法

初回の料金の支払い方法として、

  • クレジットカード
  • 口座振替

による方法が可能です。

クレジットカードの場合

料金の支払いをクレジットカードにした場合、

  • カード番号
  • 氏名
  • 有効期限
  • セキュリティコード

を入力します。

口座振替の場合

料金の支払いを口座振替にした場合、以下のメールが届きます。

指定された振込み先に、振込みましょう。

なお、振込みをする際の注意点を紹介しておきます。

振込名義を見ていただくと、名義の前に受付番号が記載されています。

「振込名義:84592501 山田 太郎」となっているはずです。

この画面では、黄色マーカーにより隠させていただいています。

振込みの時にATMを操作する際は、必ず受付番号も入力しましょう。

もしこの番号を入力し忘れてしまうと、サーバーの利用できる日が遅くなってしまいます。

エックスサーバー側の確認作業に時間がかかってしまうからです。

作業で一度つまずくとその分、意欲もそがれてしまう可能性があります。

なので、十分にご注意ください。

料金の支払い完了

エックスサーバーによる入金の確認が終わると以下のメールが送られてきます。

支払い方法によって異なります

クレジットカードによる支払いの場合は、申し込み完了後すぐに送られてきます。

仮に、送られてこない場合は、カードが利用限度額に達しているなどの問題があるかもしれません。

振込みの場合は、振込みをしてから数日後に送られてきます。

以上で、支払い完了です。

また、支払い完了のメールが送られてくる前後で、以下のメールも届きます。

本メールは永久保存版です。

エックスサーバーにログインするためのIDとパスワードが記載されている重要なメールとなっています。

うっかりゴミ箱に入れてしまわないように注意しましょう。

なお、メールの中で「インフォパネルパスワード」と「サーバーパスワード」と2つのパスワードがあります。

エックスサーバーでは、「インフォパネル」と「サーバーパネル」の2つのログイン先があります。

インフォパネルには「支払い方法」や「会員情報」の設定、変更をする際にログインします。

一方、サーバーパネルには、サーバーの設定、変更をする際にログインします。

ログイン先については、それぞれ説明していきますので、軽く覚えておいてください。

また、ネームサーバーという記載もあります。

本来は、このメールに記載されているネームサーバーの情報をドメインに入力していきます。

ただ、前回の記事「ドメインの登録」において、すでに入力は完了しました。

もし、入力を終えていないという場合は、「ドメインの登録」の記事に飛んでください。

そして、「サーバーとの連動」の部分を参考に入力していきましょう。

前回の記事

【↓ドメインの登録方法についてはこちら↓】

副業ができない公務員の転職準備【ドメインの登録について】

ネームサーバーの入力を終えている場合は、次に進みましょう。

サーバーのサービス開始

ここまでの手順を踏んでいる方は、すでに料金の支払いが完了し、契約も締結されている状態です。

ただ、エックスサーバーには、新規の申し込み特典として、10日間の試用期間が設けられています。

自身でサービスの開始手続きを行わない限りは、試用期間としての扱いとなってしまいます。

なので、改めてサーバーのサービスを開始するための手続きを進めていきましょう。

まずは、インフォパネルにログインします。

(※ 現在は「Xserverアカウント」という名前に変更されています。)

トップ画面に戻っていただき、右上のログインにマウスを持っていきます。

すると「インフォパネル(Xserverアカウント)」のボタンが出てくるのでクリックしましょう。

インフォパネル」をクリックすると次の画面に移動します。

会員IDとパスワードは、先ほどエックスサーバーから送られてきたメールに記載されています。

入力が完了したら、「ログイン」ボタンを押しましょう。

すると、次の画面に移動します。

画面の左側にある「サービスお申し込み」ボタンを押しましょう。

「利用規約」「個人情報の取り扱い」の下にある「同意する」ボタンを押します。

すると次の画面に移動します。

サーバーIDを入力しましょう。

サーバーIDは、先ほどエックスサーバーから送られてきたメールに記載されています。

サーバーIDを入力し、「検索」ボタンを押します。

すると次の画面に移動します。

○○で申し込む」のボタンが下に出てきますので押しましょう。

以上で、エックスサーバーの正式な登録が完了しました。

次は、「自動更新の手続き」を行います。

自動更新手続き

エックスサーバーを申し込むときに、サーバーのレンタル期間を入力しました。

契約期間が近づくと、エックスサーバーからお知らせが来ます。

しかし、もし契約更新の手続きを忘れると、サーバーが使えなくなってしまいます。

また、その隙を狙われ、悪質な業者にアカウントを乗っ取られる可能性もあります。

契約更新手続きを忘れてしまわないためにも、できる限り「自動更新手続き」は必要です。

なお、自動更新手続きにはクレジットカードが必要となります。

クレジットカードをお持ちでない方は、契約更新について十分にご注意ください。

(※ クレジットカードをお持ちではない方は、自動更新手続きを飛ばして、次章「ワードプレスのインストール」から作業を進めてください。)

それでは、自動更新手続きの設定を進めます。

画面は「インフォパネル」のログイン状態のままです。

画面左側にある、赤い四角の中の「カード自動更新設定」ボタンを押してください。

「クレジットカードの番号」と「有効期限」を入力する部分が出てきます。

ご自身のカード番号と有効期限の入力ができたら、「クレジットカードの登録(確認)」ボタンを押しましょう。

すると次の画面に移動します。

 

自動更新を行うサーバーの行の左にチェックマークを入れます。

私は2つのサーバーをレンタルしているので、上の画像では、サーバーが2行になっています。

今回初めてレンタルされた方は、1行しか出てきません。

サーバーにチェックマークを入れたら、「自動更新の登録(確認)」ボタンを押しましょう。

すると次の画面に移動します。

自動更新を行うサーバーの確認画面です。

自動更新の登録(確定)」ボタンを押しましょう。

以上で、自動更新の手続きが完了です。

ちなみに、自動更新の手続きはいつでも解除することができます。

ブログを引退する場合は、解除し忘れないように注意しましょう

もし解除するのであれば、

「カード自動更新設定」→「クレジットカード情報の登録」→「登録を削除する(確定)」

の流れです。

クレジットカードの変更を行う場合は、クレジットカードを解除したのち、新たなカードを登録します。

ドメインの設定

サーバーの登録が完了したので、ドメインと連動させます。

ドメイン上での連動は、すでに完了しています。

  • ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
  • ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
  • ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
  • ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
  • ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

といった具合に、5つのネームサーバを入力しました。

この作業が、ドメイン上でのサーバーとの連携作業です。

今回は、サーバー上でのドメイン登録を行います。

サーバーとドメインのお互いで連動作業をして、ようやくブログの開設ができます。

それでは、エックスサーバーのトップ画面に移動し、「サーバーパネル」にログインしましょう。

すると、次の画面に移動します。

サーバーID」と「サーバーパスワード」は、エックスサーバーから送られてきたメールに記載されています。

サーバーの申し込み料金を支払ったときに、送られてきたメールです。

サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力したら、ログインしましょう。

すると、次の画面に移動します。

画面右上の「ドメイン設定」ボタンを押します。

すると、次の画面に移動します。

ドメイン設定追加」ボタンを押します。

「ドメイン名」の入力欄には、お名前.comで手に入れたドメインを入力します。

下にある「無料独自SSLを利用する(推奨)」と「最適化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」のチェックは入れたままにします。

確認画面へ進む」ボタンを押します。

すると、次の画面に移動します。

「ドメイン名」「無料独自SSL設定」「Xアクセラレータ」の内容を確認します。

問題がなければ、「追加する」ボタンを押します。

すると、次の画面に移動します。

以上で、サーバー上でのドメイン設定が完了です。

下線に記載されているとおり、無料独自SSLが反映されるまでは1時間程度かかります。

ちなみに、「無料独自SSL設定」とは何なの、という話です。

無料独自SSL設定とは

SSL設定

「無料独自SSL」を設定することで、私たちのURLが暗号化されます。

ブログを見に来てくれた人と、私たち運営者の間で、お互いの情報を守ることができるのです。

見た目の変化としては、「http://」から「https://」に変化する程度です。

ただ、来訪者の個人情報を守るために不可欠です。

安全なブログ運営を行うために設定しておきましょう。

無料ですし、確実にオススメします。

ワードプレスのインストール

それではサーバーの最後の作業に入ります。

これから行うのは、ワードプレスのインストールという作業です。

サーバーの契約はできているものの、ブログ開設ができる状態とは言えません。

商売する土地は手に入ったものの、とても商売できるような土地ではないということです。

現状は、砂利だらけの荒地のようなイメージです。

ここから、遊園地として運営できるように、コンクリートを引いて地盤を固めていきます。

作業はいたってシンプルなものですぐに終わりますので、あと少し頑張りましょう。

引き続き、「サーバーパネル」で作業を行います。

サーバーパネルにログイン中の方はそのままの状態です。

別の画面にいる方は、次の画像のとおりに進めてサーバーパネルにログインしましょう。

エックスサーバーのトップ画面に戻ります。

そして、右上のログインにマウスを持っていきます。

今度は「サーバーパネル」をクリックします。

サーバーID」と「サーバーパスワード」は、エックスサーバーから送られてきたメールに記載されています。

入力が完了したら、「ログイン」ボタンを押しましょう。

すると、次の画面に移動します。

画面左下の「WordPress簡単インストール」ボタンを押しましょう。

すると、次の画面に移動します。

ここでは赤い四角の部分にそれぞれ、

  • 「ブログ名」
  • 「ユーザー名」
  • 「パスワード」
  • 「メールアドレス」

を入力します。

「キャッシュ自動更新」は「ONにする」、「データベース」は「自動作成」を選びましょう。

「ユーザー名」と「パスワード」はワードプレスにログインする際に必要となります。

メモまたはスクリーンショットなどで記録しておくことをオススメします。

「サイトURL」の部分は触らないままで、おっけいです。

入力と選択が終わりましたら、「確認画面へ進む」ボタンを押しましょう。

入力内容に問題がなければ、次の画面に移動します。

入力内容を確認し、問題なければ「インストールする」ボタンを押しましょう。

以上で、ワードプレスのインストールは完了です。

インストール完了画面として次の画面に移動します。

「ユーザー名」と「パスワード」はワードプレスにログインする際に必要となります。

「ユーザー名」と「パスワード」は必ずメモやスクリーンショットで残しておきましょう

独自SSL設定

以上で、サーバーの登録作業は終わりです。

ここまでの作業では

  • ドメインの登録
  • サーバーの登録

を行いました。

自分のブログにログインすることができる状態です。

試しにログインしてみましょう。

自分のブログにログインするためには、管理画面のURLをググる必要があります。

管理画面のURLは、ご自身のドメインに「/wp-admin/」をつけるだけです。

例えると、「http://hukugyou.inc/wp-admin/」といったURLになります。

ちなみに、「http://」の部分は「http://」のままで検索してください。

先ほどの作業で、無料独自SSL設定を行いましたが、いまだ反映されていない状態です。

仮に、「https://○○/wp-admin/」と検索しても、エラー表示されます。

逆に言えば、エラー表示される場合は、「https://」にしている可能性があるということです。

「管理画面URL」に正しくアクセスすると、以下の画面に移動します。

先ほどメモした「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

そして、「ログイン」ボタンを押しましょう。

なお、「ユーザー名」と「パスワード」のメモを忘れてしまった場合は、「パスワードをお忘れですか?」ボタンを押します。

切り替わった画面で、ワードプレスをインストールしたときに入力した「メールアドレス」を入力すれば新たなパスワードを送ってもらえます。

ログインしたら、次の画面に移動します。

画面の左側にボタンが並んでいます。

その内の「設定」を押すと、「設定」の下に「一般」が出てくるので、「一般」を押します。

すると、一般設定画面が表示されます。

その中に、WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)が表示されています。

それぞれのURLには、ご自身のURLが入っているはずです。

私の場合は、どちらも「http://agehachou.com」と入力されています。

これらのアドレスの「http://」を「https://」に変更しましょう。

WordPressアドレス、サイトアドレスの両方です。

これらを「https://」に変更することで、独自SSL設定は完了となります。

補足

管理画面のURLを入力しているのに、エラーが表示される場合があります。

原因としては、先ほども紹介した「http://」と「https://」の問題です。

他にも、ドメインの確認作業が終わっていない場合があります。

ドメインの確認作業については、ドメインの記事でも紹介したとおりです。

しかし、念のため記載しておきます。

ドメインを登録してから間もなく、お名前.comから次のようなメールが送られてくる場合があります。

放置していると、ドメインの利用が停止されたままの状態になります。

対処としては、添付されているURLをクリックするだけです。

すぐに利用を再開することができます。

もし、ご自身の管理画面にアクセスできない場合は、一度メールボックスを確認してみてください。

上のようなメールが来ている場合は、クリックしてあげましょう。

いざ自分のブログに入れないと焦ります。

そして、モチベも下がってしまいます。

私自身が味わった苦い経験としても、みなさんにも紹介させてもらいました。

サーバーの設定完了

以上でサーバーの設定が完了です。

長い作業、おつかれさまでした。

慣れない作業で疲れたと思います。

最初は、わけがわかりませんし、時間がかかります。

自分が何をやっているかもしっくりこないでしょう。

ただ、これからブログを運営していく上で、慣れていきます。

なので、安心してください。

エックスサーバーのサイトリニューアル

2020年11月16日以降は、エックスサーバーのサイトリニューアルが行われます。

そのため、従来の「インフォパネル(Xsereverアカウント)」の画面が使えなくなります。

改めてリニューアル版のマニュアル作成を進めてまいります。

それまでは、従来版で「インフォパネル(Xsereverアカウント)」を操作していただけたらと思います。

ここまでの作業では、ネットビジネスを行うための土台を作りました。

土地を借りて、整地することができています。

おかげでブログにログインできるようになりました。

次は、テンプレートの導入です。

遊園地のアトラクションを設置する配置図を導入しましょう。

【↓(次のステップ)テンプレートの導入方法についてはこちら↓】

準備中

【↓ブログ開設の全体の流れをもう一度確認したい方は↓】

副業ができない公務員の転職準備【有料ブログの立ち上げ方(全体像)】