【グーグルアドセンス広告の記録】ブログ初心者の公務員の初収益

どうもアゲハです。

私はグーグルアドセンス広告の審査に計11回落ちました。

グーグルアドセンス広告とは?

以下の記事で、グーグルアドセンス広告について説明しています。

公務員をノーリスクで辞めるタイミング【アフィリエイト】の準備

審査に落ちるたびに何度も凹んだものです。

自信を喪失して作業を中断していた時期もあります。

今となっては良い思い出ですが、当時は本当に苦労しました。

今回は、私がこれまで挑戦したグーグルアドセンスの申請について紹介します。

公務員からネットビジネスへの転職を考えている方の中で、

これからグーグルアドセンスの審査に挑もうとしている人たち

の参考になれば、と思います。

グーグルアドセンス広告の経緯

グーグルアドセンスの広告は、審査に通らなければ貼れません。

仮に審査に落ちたとしても、何度でも申請することができます。

しかし、明確な修正点を教えてもらえないので、仮に審査に落ちたら、手探りで修正を行う必要があります。

グーグルアドセンスで検索すれば、たくさんの情報が出てくるのはそのせいです。

審査に通ろうとして、多くの人が苦労しています。

私がブログを始めたのは2019年2月6日で、約1年半前です。

そこから審査に通るまでの試行錯誤を紹介していきます。

一回目の申請

3月7日 7時26分 初申し込み

状況:記事数 20、アクセス数 0から3

3月7日 9時42分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

二回目の申請

3月9日 0時40分 申し込み

変更点:記事追加

状況:記事数 21、アクセス数 0から3

3月9日 3時43分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

三回目の申請

3月12日 20時14分 申し込み

変更点:プライバシーポリシーの追加、記事追加

状況:記事数 24、アクセス数 0から3

3月12日 22時55分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

四回目の申請

3月20日  1時31分 申し込み

変更点:内容の薄い記事を下書きにする、記事追加

状況:記事数 30(下書き 2)、アクセス数 0から10

3月20日  4時54分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

五回目の申請

3月21日 22時10分 申し込み

変更点:記事追加

状況:記事数 31(下書き 2)、アクセス数 0から10

3月22日  7時49分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

六回目の申請

3月24日 4時55分 申し込み

変更点:記事追加、コピーコンテンツを検索し、怪しい記事を下書きにする

状況:記事数 30(下書き 5)、アクセス数 0から10

※コピーコンテンツ:パクリ、人と似た記事

3月24日 6時34分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

七回目の申請

3月31日 3時00分 申し込み

変更点:記事追加

状況:記事数 50(下書き 5)、アクセス数 10から30

3月31日 5時53分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

八回目の申請

6月6日 6時5分 申し込み

変更点:記事追加

状況:記事数 60(下書き 5)、アクセス数 10から50

6月6日 19時10分 申し込み却下

理由:利用要件を満たしていない。

九回目の申請

10月1日 14時48分 申し込み

変更点:記事追加

状況:記事数 100(下書き 20)、アクセス数 70から100

10月2日 0時24分 申し込み却下

理由:コピーコンテンツ

十回目の申請

10月2日 15時38分 申し込み

変更点:記事追加、コピーコンテンツを検索し、怪しい記事を下書きにする

状況:記事数 91(下書き 30)、アクセス数 70から100

10月3日 6時16分 申し込み却下

理由:コピーコンテンツ

十一回目の申請

8月24日 16時50分 申し込み

変更点:記事追加、全コンテンツに画像挿入

状況:記事数 130(下書き 56)、アクセス数 120から300

8月26日 3時25分 承認

グーグルアドセンスの審査に重要だと感じたこと

グーグルアドセンスの通過に重要だと感じることは次の3つです。

  • プライバシーポリシーの設置
  • 少ない記事数
  • 全コンテンツに画像追加
  • 良質で少ない記事

プライバシーポリシーの設置

プライバシーポリシーの設置に関しては、グーグルでも推奨されています。

もし作り方がわからないのであれば、私のブログのプライバシーポリシーを引用してください。

なお、私のプライバシーポリシーの中で出てくる(agehachou.com)の部分は、管理しているサイトのURLに変更してくださいね。

あと、プライバシーポリシーを載せるときは、「noindexにする」にチェックを入れておきましょう。

全コンテンツに画像追加

文章力のある人なら、サムネ画像だけで十分かもしれません。

しかし、文章に自信がない人は、画像をたくさん使いましょう

できれば見出しごとに設置した方がよいです。

画像を用意するためには、どうしてもお金がかかります。

私も当初はケチっていました。

しかし、ケチって審査に落ちたら悔しいので、きちんと投資しましょう。

少ない記事数

仮に審査で落ちた場合、ブログ全体を見直す必要があります。

私のように記事を増やしすぎると、どれを見ていいかわからなくなります。

逆に少ない記事数であれば、見直しが楽です。

ちなみに、私の知人は10記事で審査に通っていました。

少ない記事で審査に通るのであれば、断然その方が楽です。

オリジナルの記事

ネット上では、たくさんのブログがあり、たくさんの記事があります。

自分にとってはオリジナルと思っていても、どうしても似たような記事を投稿してしまう可能性はあります。

グーグルはコピーコンテンツを厳しく扱っています。

コピーコンテンツを生まないためにも、自分と似たような記事を投稿しているブログはなるべく参考にしない方がよいです。

無意識のうちにマネてしまう可能性があるからです。

もし、ブログの書き方、文体などを参考にしたい場合は、異なるジャンルのブログを見るようにしましょう。

また、記事を書く際は、自分の経験談をなるべく盛り込んだ方がよいです。

自分の経験談を自分の言葉で語ることで、オリジナリティが確立します。

グーグルアドセンスは結局のところ運だと感じる

私なりに、自分が審査に通った理由を考えてみましたが、明確な答えは出ません。

私としては、最初にブログの記事を投稿してからあまり変わっていません。

文章力が上がっているわけでもありません。

なのに、突然審査に通りました。

ちなみに、先ほども紹介した知人が審査に通った理由もいまだに謎です。

知人が審査に通った時点での記事数がわずか10でした。

記事の少なさから、さぞ質の高いブログのように思っていました。

しかし、実際に知人のブログを見たのですが、とてもひどい内容でした。

まず、私同様に文章力がありません。

そして、絵文字や顔文字をたくさん使い、中身のなさを誤魔化していました。

ゲームの画像を勝手に使い、著作権も侵害している状態です。

知人のブログを見たときは衝撃を受けました。

こんなブログでも審査に通るのに、なんで自分は通らないんだ

と自己嫌悪に陥ったものです。

真相は謎ですが、単純に運が良かっただけなのかもしれません。

というのも、グーグルアドセンスの審査は、その多くがAIによる自動審査だという話です。

たまたまAIが著作権侵害などを感知せず、また合格ラインを満たしていると判断したのでしょう。

グーグルアドセンスの審査をする上で

いま振り返ると、私は11回も審査に落ちました。

当時は、とてもメンタルを追い詰められたものです。

寝る間を惜しんで、

はやく転職したいと考えていたのに

全然認めてもらえませんでした。

メンタルの弱い私にとっては、承認してもらえない事実が重くのしかかりました。

ぶっちゃけると、グーグルアドセンス広告が貼れなくても、収益を得る方法はあります。

訪問者(アクセス)数さえ稼ぐことができれば、他にも広告で収益は上げれるのです。

しかし、当時の私はまるで、全てを否定されたような気分でした。

私が何度も審査に落ちているのに、知人が通ったという事実も私を追い詰めました。

いまとなっては審査に通ったので、懐かしい思い出です。

これから、ネットビジネスへの転職を考える方の中には、アドセンスの審査に立ち向かう方もいるでしょう。

そして、私のように何度も挑戦しては落ちる方もいるはずです。

しかし、それはみなさんの才能がないというわけではありません。

先ほども言いましたが、アドセンスの審査は運により結果が変わる可能性があるのです。

なので、諦めずに何度も申請してみてください。

そうすれば、私のようにいつかは通るはずです。

そうして、審査に通ることができれば、無力な公務員から1歩前進できます。

雇われ以外に、自分の力で稼ぐ感覚は自信につながります。

ぜひ審査に通り、0から1の快楽を一緒に味わいましょう。